レジリンエンスジャパン推進協議会

トップ > ジャパン・レジリエンス・アワード強靭化大賞 > 「グリーンレジリエンス大賞」の募集を開始しました

「グリーンレジリエンス大賞」の募集を開始しました

2016月10年12日

1. 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会は、グリーンレジリエンスとして、先駆的な取り組みをしている活動・事業を表彰するため、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」「グリーンレジリエンス大賞」を新たに創設いたしました。

 

2. グリーンレジリエンスとは、近年、注目が集まりつつある「グリーンインフラ(Green Infrastructure)」や「生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)」を含む、自然資本を活用した次世代型社会資本整備を進める新たな社会的概念であり、自然のあらゆる資源や仕組み、機能を効果的に活用し、国土強靭化や地方創生に貢献する事業・活動を指します。

 

3. グリーンレジリエンスに該当する事業や活動としては、下記の通り、大都市から、郊外、農山漁村、奥山まで、多岐にわたる取組が想定されます。

 

4. なお、本賞は、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017」の部門の一つであり、応募いただいた内容は、同時に、ジャパン・レジリエンス・アワード2017の審査対象となります。

 

▼▼▼グリーンレジリエンス大賞のエントリー方法の詳細は、公式ホームページをご参照ください

>>グリーンレジリエンス大賞のエントリー方法

 

===================================

■対象
全国の団体(地方自治体(地方公共団体), 会社法人、NPO法人、財団法人、社団法人、独立行政法人等)

 

■募集期間
2016年10月11日~2016年12月20日 17:00締切

 

■エントリー条件
主として日本国内を拠点とする活動であること。
応募の段階で活動実績があり、継続性が見込まれること。
特定の政党支持や宗教の布教を目的とした活動ではないこと。
公序良俗に反する活動ではないこと。
応募内容が大きなプロジェクトの場合、構想段階のものが含まれていても構いませんが、そのプロジェクトの1/3以上がすでに実行されていることを条件とします。

 

■評価(ジャパン・レジリエンス・アワードと共通)
<レジリエンス性> 災害に強く、強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動である
<公共性> 経済・社会・環境等に公共的効果がある
<技術性・先駆性・革新性> 従来の技術やサービスと一線を画した先駆的な発想でつくられている
<持続性・継続性> 経済性があり、中長期にわたり持続性が見込まれる取り組みである。
<波及性> 取組みモデルとしての他への波及性がある

 

■評価(グリーンレジリエンス大賞の評価項目)
<自然資源・機能の活用> 自然資源を持続可能な形で効果的に利活用を進めながら、自然の持つ多面的機能(公益的機能、生態系サービス等)を多様な領域、幅広い空間に波及させる事業・取組
<連携・協働の仕組み> 地域内外の多様な主体と連携・協働を円滑に進める社会的な仕組み(プラットフォーム、組織等)が構築されている事業・活動である。
<その他(地域固有)> 地域や地球環境保全への貢献、地域資源の再発見・再利用、伝統的な文化、技術・の伝承など、地域固有性の高いグリーンレジリエンスの特徴的な事業・活動である。

 

■賞(グリーンレジリエンス大賞)
大賞 1件 トロフィー、賞状、活動内容の全国メディアでの紹介
金賞 1件 楯、賞状、活動内容の全国メディアでの紹介
最優秀賞 楯、賞状、活動内容の全国メディアでの紹介
優秀賞 楯、賞状
優良賞 賞状

 

■審査の流れ
一次選考:応募書類の内容を選定委員会で審査し選定。
最終選考:選定委員会の結果を踏まえて、審査委員会において審査。
審査結果の発表:2017年3月中旬の「ジャパン・レジリエンス・アワード2017」の表彰式において、結果発表・表彰。

 

▼▼▼グリーンレジリエンス大賞のエントリー方法の詳細は、公式ホームページをご参照ください

>>グリーンレジリエンス大賞のエントリー方法

 

 

ページ上部へ ページ上部へ