レジリンエンスジャパン推進協議会

トップ > 未分類 > 12/15 国土強靱化シンポジウム 知られざる「災害バイオハザード」とは?

12/15 国土強靱化シンポジウム 知られざる「災害バイオハザード」とは?

2016月12年02日

知られざる「災害バイオハザード」とは?

~災害バイオハザード下での感染症対策と平時への応用~

 

開催日時 2016年12月15日(木) 14:00~16:00(13:30受付開始)

開催場所 東京都千代田区平河町2-13-12 東京平河町ビル

     TKPガーデンシティ永田町 バンケットホール1C >>MAP

定員   150名 参加無料

%e7%81%bd%e5%ae%b3%ef%be%8a%ef%be%9e%ef%bd%b2%ef%bd%b5%ef%be%8a%ef%bd%bb%ef%be%9e%ef%bd%b0%ef%be%84%ef%be%9e

>>プログラム詳細はこちら ※pdfが開きます

 

>>お申し込みはこちら

 

東日本大震災や熊本地震など近年多発する自然災害を経験して「災害時の感染症対策」についての必要性がクローズアップされています。

総合的な感染症対策は有事下ではもちろん、平時においても、我が国のレジリエンスを高める上で非常に大きな役割を果たします。

このシンポジウムでは、この分野で我が国を代表する有識者の方々に「災害バイオハザード」とはどのような状況か、またそのような状況下での感染症対策には何が有効で重要か、さらには平時の感染予防対策の重要性について議論を深めていただきます。

その中で災害バイオハザード下での感染症対策と平時への応用について考えていきます。

 

プログラム ※プログラムは変更になる場合がございます。

【開会の挨拶】

 金谷 年展(東京工業大学 科学技術創成研究院 特任教授/(一社)レジリエンスジャパン推進協議会 事務局長)

 

【第1部】 講演会

特別講演 災害バイオハザード下での地域医療の強靭化と感染症対策(仮)

     和泉 洋人氏(内閣総理大臣補佐官)

 

基調講演 「災害バイオハザード」その現状と急がれる対応

     賀来 満夫氏(東北大学大学院 感染制御・検査診断学分野 教授)長崎大学医学部卒、医学博士、日本環境感染学会理事長、日本感染症学会理事、日本臨床微生物学会理事長、日本バイオセーフティ学会理事。

 

【第2部】 パネルディスカッション

パネリスト

石川 広己氏(日本医師会 常任理事)

加來 浩器氏(防衛医科大学校 防衛医学研究センター広域感染症疫学・制御研究部門 教授)

高山 和郎氏(東京大学医学部附属病院 薬剤部 助教)

蒲生 美智代氏(NPO法人チルドリン 代表理事)

金谷 年展(東京工業大学 科学技術創成研究院 特任教授/(一社)レジリエンスジャパン推進協議会 事務局長)

 

<コーディネーター>

賀来 満夫氏(東北大学大学院感染制御・検査診断学分野 教授)

ページ上部へ ページ上部へ